製作事例

飯舘村交流センター「ふれ愛館」

飯舘村交流センター「ふれ愛館」Vol.2:旭川工場製作(一部除く)

飯舘村交流センター「ふれ愛館」Vol.1はこちら

ロビー:家具旭川工場製作

友達との待ち合わせ、学校帰りのミーティング、ミニコンサートなどアイディア次第で使い方はいろいろうまれそうです。

円形テーブル大小(直径800mm・600mm)がレイアウトされています。リラックスできるようにテーブル高さは600mmで、イスには肘を付けました。イスの生地はウールで、やさしい色づかいのブルーです。
テーブル、イスの樹種は、木肌・木目が美しい北海道産タモ無垢材を使用し、経年変化を楽しめるオイル仕上げです。

交流回廊:家具旭川工場製作

交流回廊は憩いと交流の場として設定されています。
天井まで伸びるガラス一面の窓からは、飯舘村の美味しい空気感と四季の鮮やかな移り変わりを楽しめます。

テーブル、イスはナラ無垢材を、うづくり加工※を施しています。
テーブルサイズは、正方形750mmです。天板はスクエアで脚は円錐の組合せです。マイデザインは、天板と脚の組合せは自由です。

イスの座面は凹で、凹のサイズにぴったり合わせたシートクッションになっています。シートクッションはリバーシブルで生地はウール100%を使用しています。

※うづくり加工
天板の表面を加工し素材感を楽しみながらアンティークの風合いを醸し出しだしています。
加工しやすい木材の柔らかい部分を削ぎ落とし、木目を浮き上がらせ木材の美しさと風合いを強調する加工です。

キッチンスタジオ:家具旭川工場製作

皆さんの手料理自慢をキッチンスタジオで披露し合います。
そば打ち、みそづくり、パン・お菓子づくり、などなど。また、気の合う仲間とのパーティなどもアイデア次第でやれることは膨らみますね。

キッチンスタジオは大きなガラス扉採光で明るく、外はオープンテラスにもなり自慢の風景も一望できますが、遠くに汚染土が収納された多くの袋が見えていますね。
現実の飯舘村です。

中央に幅3660mm奥行1100mmの大型アイランドキッチンがあります。
料理をつくりながらゆっくりイスに座って食事を楽しむことができます。
壁にはI型のシステムキッチンが備わっています。

ダイニングテーブルは、幅1500奥行800mmの北海道産カバ無垢材を使用しています。
天板は風合いのある木目濃淡がはっきりと出ています。

蕎麦打ちテーブルとしても使いたいそうです。
きっと美味しい蕎麦ができるんでしょうね。

絵本のかくれ家

長い交流回廊の奥階段を上がって行くとロフトが登場します。

“子供たちの隠れ家”には絵本がいっぱいあり夢が広がります。きっといつまでも忘れない想い出の場所になるでしょうね。

小学校机

小学校机を電話台として使っています。
飯舘村小学校は1年生から6年生まで同じ机を使うそうです。
思い出の詰まった机を大事にして、一緒に成長していくんですね。

仕様は無垢材で、成長とともに高さが変えられるようにつくられています。傷は山ほどありますが、どんと構えていて木材が生きているようです。

早くたくさんの子供さんが戻ってくる日を信じ期待したいですね。
飯舘村民歌のような村に戻れるようになれば、たくさんの子供さんがまた机を使いますね。

お問い合わせ

ご希望の素材や仕上げなどを入力すると、
オーダー時の大まかな金額を見ることができます

価格シミュレーション 
 オンラインショップはこちら

オーダーに関するご相談やご来店予約、
Zoomお打ち合わせなどお気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら

関連記事一覧