コラム

適材適所のオーダーメイド家具づくり

適材適所のオーダーメイド家具づくり

その人に適した仕事を適した場所に配置することを「適材適所」と使われることが多いですが、そもそもは適した木材を適した所に使う、とういうことから「適材適所」の言葉が生まれています。

マイデザインはオーダーメイド家具を専門とし、各分野の高い専門度の企業が集まり協業している会社です。全体最適を考えての「適材適所」です。

下記が協業企業の役割ですが、もちろんのことマイデザインは全てにおいて責任があります。

  • デザインオフィス(全てのデザイン)
  • オーダーメイド家具工場(旭川 他)
  • 木材会社(旭川 他)
  • オーダーメイドソファ工場(上海 他)
  • ソファ生地輸入会社(西脇 上海)
  • 施工修理会社(棚一枚からの取付)
  • システム会社(ホームページ作成)
  • マイデザイン(商品開発/品質管理/販売/配送/上記監修と総責任)

[国内編]

北海道旭川家具工場

マイデザインは自社工場を持っていませんので、長年お付き合いのある協力工場で生産をしていただいています。

オーダーメイド家具の仕様により適した工場を選択し、得意とする分野の家具を生産依頼します。

最も多くオーダーメイド家具の生産を依頼しているのは北海道旭川です。

旭川家具工場は、北海道産の木材を使って無垢材加工を得意とします。

旭川家具工場の木材、製材は、冬の厳しい寒さと寒暖の差が50度以上もある自然環境に鍛えられています。

マイデザインが依頼している工場は主に2社となります。

北海道旭川家具工場

一社(A社)は家具で使う広葉樹を日本でトップ級の在庫と取扱いをする木材・家具工場です。

一部加工をした木材を日本各地の多くの家具工場に卸もしています。

マイデザインはこの木材・家具工場の木材を使い一点生産でオーダーメイド家具をつくっています。

樹種は主に北海道産のナラ材(oak)、カバ材(birch)、タモ材(ash)、北米・カナダ産の人気ウォルナット材(walnut)を使用します。

他にもご希望の樹種はほとんど揃いますのでご指定ください。

北海道旭川家具工場

無垢材ダイニングテーブルやリビングボード、書棚、造作家具などをつくっています。

小さい家具や棚などもつくりますので、お気軽にお問い合わせください。

オリジナルデザインから仕様を選び詳細までの種類は17,783種類にも上ります。
※ダイニングテーブル/ソファは幅と奥行サイズが1cm刻なのでサイズを除いています。

もう一社(B社)は、昔から旭川の民藝家具を製作し、今でもその伝統は引き継がれています。

民藝家具は手づくり工程が多いので最新機械を駆使して大量に製作する工場とは対極にあります。

人の力が大きく左右される家具であり一点づつ製作していく高品質オーダーメイド家具には最適です。

製作の手順は、マイデザインの専任デザイナーがお客様に提案するデザイン図面をもとに、工場が製作図面を作成し、腕の良い職人が丁寧に家具を製作仕上げていきます。

藝家具で長年培った技術は、合理的にデザイン図面、製作図面ができ上がっていれば多種多様なデザインでもお手のものです。掲載写真は当初リビングボードとして上記A社・B社以外の工場で製作しましたが、お客様からのご要望によりB社で上棚を追加して飾棚に変更されました。

当初のリビングボード
B社にて上棚を追加

デザイン図面、製作図面を基に忠実に、そして匠の技を使いでき上がりました。

[海外編]

海外でオーダーメイド家具を製作することは国内製作の何倍も労力を必要とします。

made in japanは上記工場のように経験と伝承のソフト力が、見えない細部に工夫を凝らし、永続性のある品質の安定を生み出しています。

マイデザインは上海工場でオーダーメイド家具を2社で製作をしています。

なぜ国内の何倍も労力を必要とする上海で製作をしているのか?
①上海のマンション価格は東京と比較して同等以上で、おのずとインテリアへの関心は想像以上に高まっています。

また床、壁、天井などを含めた内装はマンション購入者が手配する必要があり、オーダーメイド家具の下地が備わっています。

そのような理由で、上海のような経済先進都市ではオーダメイド家具が盛んに取り入れられていますので、家具工場の経験値が高いのです。

②一社(C社)は豊富な素材バリエーションを使い、全てC社で調達製作し完結できます。

木材だけでなく、
自然石(大理石、御影石等)、
人造石(自然の大理石などを粉砕してセメント、砂、樹脂で固めた半人工石)、
人工石(アクリル樹脂やポリエステル樹脂などでつくった人工石)、
スチール、アクリル、ステンレス等々。
装飾取っ手も豊富です。

異素材の組み合わせをご希望されるお客様には、リーズナブルでおすすめです。
もちろん一点生産で承ります。

なぜ国内の何倍も労力を必要とするのか?

①旭川工場のようにデザイン図面、製作図面以上の品質の工夫注入はありませんので、100%図面勝負です。

当然のことですが、こうやるだろうの甘い考えは通用しませんし、必ずお客様にご迷惑をおかけします。

②また日本との生活習慣の違いもあります。

例えば、日本ではソファに座らず床に座りたくなることがよくあります。
床座の視点は下から上を見ますので、ダイニングテーブルの裏面がよく見えますが、図面指示が出されていないと仕上げは雑になります。

手を抜いているからではなく、表面同様の裏面仕上げは必要としていないと考えているのです。
ダイニングチェアの裏面仕上げなどでも見受けられます。

③マイデザインでは定期的に上海に行き、オーダーメイド家具の仕上がり品質チェックを実施しています。

マイデザインオーダー家具
マイデザインオーダー家具

もう一社(D社)も上海にあるオーダーメイド家具工場(ソファ)です。

オーダーソファでよく見かけるのが、数タイプの幅サイズと生地です。
マイデザインでは幅、奥行、高さ、肘幅、肘高さ、脚素材、生地/レザー、そしてデザインが自由です。
オリジナルデザインでは、1cm単位のサイズを除いて9,028種類から選べます。
フルオーダーメイドソファも承っておりますのでどしどしご希望をお申し付けください。

マイデザインオーダーソファ
マイデザインオーダーソファ

このような製作は一点生産でしかできません。マイデザインの製作方式を引き受けてくださるのは上海 D社に限られています。
私がD社のアドバイザーとして関わっていることにより、深いお付き合いをさせていただいているので実現しています。

【適材適所のオーダーメイド家具づくり】は、取引先工場を含め協業企業との深い信頼関係で成立しています。

これからもお客様のご要望をマイデザインがリアルタイムで情報発信し、協業企業がにつぶさ共有し合い「自分でデザインする生活」をご提供してまいります。

関連記事一覧